直接肌に触れるから…洗濯洗剤・柔軟剤が背中ニキビを刺激する

ニキビケアにおすすめのケア商品!保湿&洗顔ケアで繰り返すニキビをストップ

商品 キャンペーン
肌再生を促すアラントインでニキビケア!有効美容成分を98.8%も配合
詳細はコチラ
【定期縛りなし】ニキビ専用の薬用石鹸でニキビの原因…つまりを落とす
詳細はコチラ
>>どうしてこのニキビケア商品がおすすめ?ニキビケア商品を比較!

senakanikibi-20150717

背中ニキビケアのために、毎日着た服や使ったタオル、シーツを洗濯して、清潔を心がけるのは大切なことです。
しかし、その洗濯に使う洗剤が背中ニキビの原因となることはご存じですか?

今回は背中ニキビの原因となる洗濯洗剤と、肌にやさしい洗濯洗剤をご紹介します。

HT113_350A

洗濯洗剤が背中ニキビの原因になる!?

洗濯洗剤は強力な洗浄成分でできています。
洗浄成分は、汚れをしっかり落とし、かつ洗い上がりを良くするためには必要な成分となります。

衣服に残りやすい洗浄成分

その洗浄成分と言うのは、合成界面活性剤と呼ばれる石油系成分です。
強力なたんぱく質変成作用で水と油を混ぜることで汚れを取り除きます。
すすいで乾かしても、衣服の繊維に残りやすい成分です。

衣服に残ったわずかな成分が肌に触れると、肌表面でバリア機能を果たしているたんぱく質を溶かします。
その成分に加えて、衣服の摩擦と言う物理的な刺激も加わり、肌は乾燥し、弱ってしまいます。

背中は特に衣服と密着しているため、合成界面活性剤と衣服の刺激にずっとさらされるため、背中ニキビのできやすい肌環境となります。

漂白剤や蛍光剤にも注意!

漂白剤は衣服のシミや汚れを化学分解によって洗浄します。
蛍光剤は、光に当たった時にまぶしいほどの白さを感じさせる染色剤です。

このどちらも白さを長続きさせるために、繊維に残りやすい成分です。
これらの化学物質も、汗をかいた時衣服からしみ出し、肌について、痒みや炎症を起こすことがあります。

肌トラブルを起こさない洗濯洗剤の選び方

合成界面活性剤や漂白剤、蛍光剤などの化学成分は、肌にとって強い刺激になります。
表示成分の見て、化学成分の少ない洗濯洗剤を選びましょう。

成分表示で見分けられる?

洗剤成分は合成界面活性剤無添加、合成界面活性剤フリー、合成界面活性剤不使用などの記載があるかどうかも大切です。

合成界面活性剤には特定のものはなく、存在するだけで5000種類以上。
そのすべてを把握して分別することは難しいのです。

漂白剤、蛍光剤も同様に、入っていないことが確認できるものを選びましょう。

石けん洗剤に変えましょう!

界面活性剤を使わずに、衣類を清潔に保つ洗濯洗剤なら、石けん成分のものを選びましょう。

石けん洗剤であるものは次のような成分が主になります。

・脂肪酸ナトリウム
・脂肪酸カリウム
・石けん素地
・純石けん分

そのほか、「天然界面活性剤」と呼ばれる場合もあります。

石けん洗剤の働き

石けん洗剤の特徴は、洗浄力は高いまま、肌への刺激が少なく済むということです。
合成界面活性剤と違い、衣服の繊維にも残りにくいので背中ニキビに一時的にでも悩んでいるのなら変えてみる価値はあります。

今では、固形タイプだけでなく液体タイプの洗濯用石けんもあります。

メリット

・高い安全性
・皮脂など油汚れの洗浄向き
・素材にダメージを与えないため、おしゃれ着も洗える
・分解が早く、残留しないため、肌にも環境にもやさしい

デメリット

  
・石けんかすが付いたままだと酸化して黄ばみに
・洗濯層に石けんかすがこびりつく

実はコスパの良い治療方法

背中は長時間衣類に触れていながら、日常的なケアが難しい箇所です。

衣類の素材や新しいケアアイテムを揃えるよりも、まずは石けん洗剤1つで悩んでいた背中ニキビの改善できるかもしれません。
そう考えると一番費用を抑えることのできる背中ニキビ対策なのです。

黄ばみに気を付けてしっかりすすぐことと、定期的に洗濯層クリーナーを使って石けんかすを除去することを守れば、使いこなすことは難しくありません。

洗濯洗剤よりもこわい?柔軟剤

背中ニキビのケアで洗濯洗剤を見直すなら、柔軟剤にも注意が必要です。
洗濯洗剤はすすぐため、合成界面活性剤が残るのはわずかですが、柔軟剤は最後の仕上げに衣服に成分の膜を作ります。

この膜がやわらかさや弾力、香りを出しているのですが、こちらも合成界面活性剤なのです。
洗った衣類が原因で背中ニキビができてしまう人の多くは、柔軟剤を使用していることがあります。

クエン酸が柔軟剤代わり

石けん洗剤でも素材自体にダメージを与えないので、やわらかく仕上がりますが、満足できない時はクエン酸を利用しましょう。
アルカリ性である洗剤を、クエン酸を最後に加えることで中和し、繊維の固まりを防ぎます。

使い方は40~50リットルの水に対して、小さじ1杯程度を入れます。
多すぎると、水が酸性に傾き、洗濯機を錆びさせてしまうので気を付けましょう。

工夫して肌トラブルにサヨナラ!

学生の方はなかなか家の洗剤を変えるまでにはいかないかもしれません。
その場合は、肌着や下着など直接肌に触れる服だけを石けん洗剤で手洗いしてみてはいかがでしょうか。

また、どうしても好みの香りを付けたいという場合は、エッセンシャルオイルを1~2滴洗濯時に混ぜてみると自然な香りを楽しめます。

繰り返す背中ニキビは案外、何気ない習慣が原因のことがあります。
生活習慣にちょっとした工夫を取り入れて、背中ニキビに効果的なケアを始めてみませんか。

胸・背中ニキビに悩む人に…おすすめ関連記事
ケア商品はどれがいい?繰り返す胸・背中ニキビの治し方
食生活やシャンプーの洗い残しなど、気をつけているのに一向に改善しない胸や背中のニキビ。一番おすすめのケア商品を比較して紹介!
PAGE TOP ↑