石鹸VSボディソープ!背中ニキビ対策効果が高いのはどっち?

20150831-sekken

もしなかなか背中ニキビが治らないと感じているのなら、いつもの石鹸や身体の洗い方を見直してみませんか。
重症化していない背中ニキビなら、たったそれだけで解消することもあるんです!

おすすめの背中ニキビ対策石鹸と、背中ニキビができているときの体の洗い方をご紹介します。

≫背中ニキビ対策に大人気!全身つるすべ肌になれちゃうソープを今すぐチェック!

背中ニキビを改善する石鹸選びの3つのポイント

具体的には、どんな石鹸を選べばよいのでしょうか。
背中ニキビ対策に効果大な石鹸の特徴と、それぞれのおすすめ商品をまとめました。

その1. 保湿力がある石鹸

大人の背中ニキビで、よくある原因のひとつが「乾燥」。
皮膚に水分が不足すると、皮脂膜が薄くなり角質が詰まりやすくなってしまいます。

入浴後の保湿も大切ですが、洗っているときから乾燥させないよう、石鹸自体に保湿効果のある成分が配合されているものがおすすめです。

その2. 殺菌成分のある石鹸

ニキビの原因となる菌を減らす、殺菌成分が配合されていることも大切です。

殺菌成分にはトリクロサン、ミコナゾール、イオウなどいろいろなものがあり、殺菌成分を含む石鹸は医薬部外品として販売されています。

その3. 毛穴汚れを吸着する石鹸

ベントナイト、モンモリロナイト、ガッスールなどの天然クレイ。
エステサロンやスパなどでも使用されている天然クレイには、汚れを吸着する効果があります。

この天然クレイを配合した石鹸は背中ニキビにもおすすめ。

背中ニキビにもう悩まない!専用石鹸&ボディソープBEST3

背中ニキビにサヨナラできる!固形石鹸&ボディソープを集めました!

8つの天然成分でニキビを撃退!「ファーストクラッシュ」

firstcrush

ニキビの赤みや炎症を整えるサリチル酸と、8種類の天然植物成分が肌を優しく整える、ニキビ対策の王道ソープです。

できているニキビを抑えるのはもちろんのこと。
余分な皮脂を優しく落とし、優しく保湿して肌を健康な状態に整えるので、ニキビができにくい肌質作りをしてくれます。

背中などボディにはもちろんのこと、洗顔としても使用できるので全身をコレひとつでケアできるというのも長所です。

≫ファーストクラッシュの公式サイトを見てみる

潤いでケア!「Non A. ノンエー」

nona
「Non A.」はヒアルロン酸やリピジュア、ローヤルゼリーが配合された、ニキビ用保湿石鹸。
洗浄成分はもちろん石鹸素地なので、背中ニキビで荒れがちな肌をいたわりながら、肌を清潔に保ちます。

泡立ちは抜群で、濃厚な保湿成分がふくまれた、水分の少ないきめ細かな泡で洗えます。
水分の多い泡と違い、肌に摩擦を与えずに汚れをからめとります。

ニキビ専用洗顔石鹸とありますが、もちろん体のニキビにも使用OK!
100g 2,940円(税込)。

≫ノンエーの公式サイトを見てみる

ニキビ跡も気になるなら…「どろあわわ」

doro_tanpin今できているニキビのほか、ニキビ跡も気になっているという人は、美容成分が肌の生まれ変わりをサポートする石鹸がおすすめです。

どろあわわは沖縄産のクレイが配合された、ペーストタイプの石鹸。

配合されているクレイは、エステでクレイパックとしても使用される美容効果抜群のもの。
優れた吸着力で汚れを吸着し、毛穴につまった皮脂や黒ずみを洗い流します。

クレイのほか、豆乳発酵液、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷりと配合。
泡パックのように濃密で弾力のある泡で背中を包み込み、美肌エステのように洗い上げます。
1,490円(税別)。

≫どろあわわの公式サイトを見てみる

石鹸とボディソープ、どちらが良い?

ニキビ対策で欠かせない石鹸やボディソープ。
できるだけ効果の高いものを使って、早く治してしまいたいですよね。

固形の石鹸と液体のボディソープ、どちらがより高い効果があるのでしょうか?

石鹸とボディソープの違い

石鹸と液体ボディーソープの違いは、主に「成分」です。

石鹸は天然成分である石鹸素地からできています。
さらに、水分を含まない固形なので腐らない、つまり防腐剤を使いません。

添加物を最小限にして作れるので、ナチュラル思考の人に人気があります。

成分表記でチェックしよう!

添加物を入れずに作られる石鹸と比べると、合成界面活性剤を試用するものが多いボディソープにはメリットがないように見えますよね。

しかし、保湿成分やニキビへの有効成分を、石鹸よりもたくさん配合できるといった長所もあります。

逆に、固形石鹸であっても、石鹸素地以外に合成界面活性剤を配合しているものも多くあります。
絶対に石鹸にこだわりたい、という人は「石鹸素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」などの表記があるものにこだわりましょう。

成分表記の「ラウリル」「ステアレス」などの表記があったら、それは合成界面活性剤。
配合の割合が低ければ気にする必要はありませんが、成分表記の一番最初に書いてあったりしたら、ほとんどが合成界面活性剤ということです。

洗浄力がかなり強いので、洗いすぎや擦りすぎには注意しましょう。

背中ニキビに効果的な洗いかたとは

背中ニキビが頻繁にできて困る、という方は入浴時の体の洗い方を見直す必要があるかもしれません。
特に汗をかくことの多い夏は、お風呂での対策が有効な治療法につながります。
背中ニキビを治すためには肌への刺激を極力避け、毛穴の汚れはしっかり取ることが基本です。

まず最初に湯船にきちんと浸かって毛穴を開かせておきましょう。

次にしっかり泡を立てた石鹸で包み込むように洗います。
石鹸の泡を背中に乗せ、パックをする要領で少し時間を置くのも良いですね。

シャンプーやリンスのすすぎ残しはありませんか。
ちゃんと流したつもりでも、シャンプーやボディソープの泡は残ってしまいがち。
このすすぎ残しが毛穴を詰まらせてしまいます。シャワーでしっかり洗い流しましょう。

しつこい背中ニキビに悩む方は、洗ったつもりでも毛穴の奥まできちんと汚れが落としきれていないかもしれません。

身体を洗う前に洗髪することはもちろんのこと、髪を洗ったあとは、一度湯船に浸かりましょう。

背中ニキビがある時はなにで身体を洗えばいい?

背中ニキビには刺激は絶対にNGです。ごしごし洗うと炎症が悪化してしまいます。
炎症が毛穴の内部に広がってニキビ跡の原因となりますので、ナイロンタオルは避けてください。

石鹸をしっかり泡立て、柔らかいタオルまたは素手で洗いましょう。
泡立てネットなどでしっかり泡立てれば、素手でも十分きれいに洗うことができます。

関連記事:洗いすぎによっても起こる背中のニキビ

お風呂上りにはスキンケアを

清潔なボディータオルで、やさしく水分を抑えて、化粧水やボディーローションを付けましょう。
届きにくい背中に便利な、スプレータイプのニキビケアボディーローションもあります。
にきび跡ケアとして、ピーリング効果のあるAHAローションなどもおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。背中ニキビを治すためには、言うまでもなく規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事などの心掛けが必要です。
しかしながらいつものボディソープを石鹸に変えたり、入浴方法を変えたりするだけで簡単に解消できるものも多いのです。

ニキビで弱ったお肌にはそれに合った石鹸を使うことが大切です。また使い続けることによって新たな背中ニキビができにくいお肌になっていきます。正しいケアでつるつるの美しい背中を目指したいですね。

胸・背中ニキビに悩む人に…おすすめ関連記事
ケア商品はどれがいい?繰り返す胸・背中ニキビの治し方
食生活やシャンプーの洗い残しなど、気をつけているのに一向に改善しない胸や背中のニキビ。一番おすすめのケア商品を比較して紹介!
PAGE TOP ↑