ニキビが出来やすい人必見!背中ニキビの予防方法!

ニキビケアにおすすめのケア商品!保湿&洗顔ケアで繰り返すニキビをストップ

商品 キャンペーン
肌再生を促すアラントインでニキビケア!有効美容成分を98.8%も配合
詳細はコチラ
【定期縛りなし】ニキビ専用の薬用石鹸でニキビの原因…つまりを落とす
詳細はコチラ
>>どうしてこのニキビケア商品がおすすめ?ニキビケア商品を比較!

20150903senakanikibi
水着を着る機会や温泉など、背中を見せる機会は意外と多いもの。
しかし、その背中にニキビがポツポツとできてしまっているととってもブルーな気分になりますよね…。

今あるニキビが治っても、一度ニキビができてしまうと再発しやすいため、ずっとニキビが治らない…ということも!

ニキビのないキレイな背中をキープするためにはポイントがあります。
日常生活でもできることですので、今日から意識していきましょう!

背中ニキビを治す&予防する3つのポイント

現状としてあるニキビをケアするのも、新しくニキビができるのを予防するのも基本的に対策方法としては同じ。
そもそも、ニキビは毛穴の中に溜まった皮脂や、菌や毒素によって引き起こされた毛穴の炎症が原因で発生します。
つまり、皮脂を溜まらせない、毛穴の炎症を起こさないことが大切。

次の3つのポイントを意識することでニキビ発生を予防することができます。

背中を清潔にして汚れをためない


背中はずっと服で覆われているうえ、体の中でも皮脂腺が多い部分。
つまり、汗もかきやすく、蒸れやすい場所です。

ニキビは毛穴の中に皮脂がたまったりすることで起こります。
汗をかきやすく、雑菌も増えやすい環境のため、背中はニキビができやすいのです。
また、シャンプーやリンスの流し忘れも皮脂詰まりの原因になるので注意が必要です。

刺激を与えない&抗炎症成分で炎症を抑える


ニキビは少しのお肌への刺激でもできてしまうもの。
そのため、お肌をこする回数や触れる回数を減らす必要があります。
毛穴を詰まらせないことはもちろんですが、悪化させないためにも、背中に刺激を与えないようにしましょう。

また、すでに炎症を起こしている場合はさらに抗炎症成分を塗ってケアしましょう。
赤く炎症を起こした状態でも早めによくすることができます。

背中を乾燥させない


お肌の乾燥は角質を厚くし、毛穴が細くなる原因となります。
また、お肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌されてしまいます。

つまり、乾燥することで元々の皮脂の量が増え、皮脂を肌表面に流す毛穴が細くなってしまうため、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまうのです。

そのため、ニキビを作らないためにはお肌乾燥させないよう保湿することが大切となります。

まずは背中を清潔にすることが第一!まず“洗い方”を見直して


化粧品などでケアをする前に、お肌をキレイにしなくては意味がありません。
そのためには、お風呂での背中の洗い方を見直してみましょう。

まずは汚れを落とすための石鹸から見直してみましょう。

余分な皮脂や角質は落としつつ、お肌に優しいもの

毛穴に皮脂が詰まってしまうのを防ぐため、角質をほどよく落としてくれる石鹸がおすすめです。
もちろん、過剰に分泌された皮脂や汗を洗い流してくれるのは言わずもがな。

とはいえ、あまりにも皮脂をとりすぎてしまうと、今度はお肌が乾燥してしまってニキビの原因になってしまいます。
ボディソープは洗浄力が強すぎるので、お肌に優しい固形の石鹸がおすすめです。

抗炎症成分が配合されているもの

炎症を起こしているニキビはその炎症を抑えてくれる成分が配合されているものを使うことで、徐々になおっていきます。
成分表のなかに甘草エキス(グリチルリチン酸2K)や、プラセンタ、アラントインなどが配合されているか確認しましょう。

オススメはお肌に優しく抗炎症成分が配合されたNonA


背中ニキビを治したいのならNonAがオススメ。
NonAはニキビ用の洗顔石鹸ですが、弾力のある泡ができるので、背中でもしっかり洗うことができます。

お肌に優しい成分でできているのでニキビができにくくなる

NonAは通常のボディソープと違い、合成界面活性剤を使っていないため、お肌に必要な皮脂を残してくれます。
皮脂は多くあり過ぎるのも問題ですが、落とし過ぎは乾燥の原因となります。
その点、NonAは必要な皮脂を残し、汚れだけ流してくれるため、乾燥予防になるのです。

抗炎症成分&保湿成分が配合されている

NonAはニキビを予防する甘草エキスを配合しているため、すでに炎症を起こしているニキビにも効果的です。

さらに、保湿成分も配合されているため、ニキビにも効き、しっとりした洗い上がりになります。

1回ずつの購入だから安心!

通販の商品は定期便で、「○回購入するのが条件」というところも多いですが、NonAはその都度購入なので1回買うだけでもOK。
ニキビに困っている間だけ使うということもできます。

Non Aの公式を見てみる

さらに完璧な対策をするなら背中の保湿が大切


背中ニキビを予防するためには、背中を清潔に保つほか、“乾燥させない”“炎症を抑える”ことが大切。
乾燥すると毛穴が細くなり、皮脂が詰まりやすくなってしまうためです。
この2つをクリアするためには、お風呂上りに洗ったまま放置…というのはもちろんNGです!

ニキビを予防したいのなら顔と同じようにスキンケアをしましょう。
選び方のポイントとしては、乾燥を防ぐため、保湿成分が配合されているもの。
そして、炎症を起こしたニキビ肌でも使えるよう、抗炎症成分が配合されているものがおすすめです。

おすすめはパルクレールジェル

>>パルクレール公式HPを見てみる<<

背中ニキビの化粧品はいくつか販売されていますが、そのなかでもパルクレールジェルがおすすめ!
これ1つで保湿&抗炎症作用&肌再生サポートができる優れもの。
ポイントを詳しく紹介します。

①保湿成分のヒアルロン酸など、美容成分が98.8%配合

パルクレールジェルはヒアルロン酸のほか、コラーゲンやスクワラン、トレハロース、プラセンタなど、保湿成分を多く含んでいます。
有効美容成分はなんと98.8%!
保湿性が高く、キレイな背中を保つのに効果的です。

②炎症を抑えるプラセンタを高濃度配合!

美容成分として有名なプラセンタですが、抗炎症作用やニキビの元であるアクネ菌に対する抵抗力を高める効果があります。
そのため、炎症を起こしてしまっている赤ニキビにも効果的です。

③新しい肌作りをサポートする成分“アラントイン”で美肌に!

お肌のコンディション、ターンオーバーを整え、新しいお肌を作るサポートをしてくれるアラントインも高濃度配合。
アラントインの効果は“傷の回復の促進”ともいわれており、炎症を抑えつつ健康なお肌を作ってくれます。

④永久返金保証付きだから万が一お肌に合わなくても安心!

パルクレールの魅力は“永久返金保証”がついていること。
使用後何日でも、有効なので、1ヶ月試して効果があるのか確かめることもできます!
自分のお肌に合うか不安だったり、他の商品も比較して試したい!という場合でも返金対象になるため、まずは試してみる事が大切です。

パルクレールジェルの公式を見てみる

>>他の背中ニキビにおすすめの商品が知りたい方はコチラ!

普段からできる予防法

背中のニキビを防ぐためにはスキンケアも大切ですが、日常生活でも気を付けることが多くあります。
背中ニキビをつくらないためのポイントを踏まえ、日常からできる予防法をまとめました。

入浴時に気を付けること


石鹸自体をかえるのは背中ニキビをなおしたり予防するのに効果的ですが、洗い方などにもコツがあります。
特に、手も目も届きにくい背中はケア方法を間違えれば乾燥を招いてしまうことも…。
乾燥を防いで有効なバスタイムにしましょう。

流し残しをなくす

背中にシャンプーやリンスなど石鹸成分の流し残しがあると、成分が毛穴につまって角栓となります。
流し残しをなくすには洗う順番を決めて、髪の次に体を洗いましょう。

優しく洗う

強い摩擦を与えると角質を厚くし、毛穴が細くなってしまいます
優しく洗うよう心掛けてください。

力を加減する他、綿など低刺激の素材でできたボディータオルを使って摩擦を軽減する方法もあります。
また、摩擦をおこさないよう、弾力のある泡で洗うことも大切です。

入浴剤で保湿ケア

乾燥に効く入浴剤は、「セラミド」・「ホホバ油」・「オリーブ油」など保湿効果のある成分が含まれた入浴剤です。
肌に保湿成分を吸着させることで、水分が蒸発しにくくなります。
体全体を保湿できるので、手が届きにくい背中の保湿に便利です。

お風呂の温度が高いと発汗して水分が逃げ、効果が薄れます。38度~42度が適温です。
選ぶときは、乾燥を促進する「硫黄」や、肌を刺激する香料・着色料が含まれたものを外しましょう。できればサンプルで肌に合うか試せるといいですね。

スキンケアについて

先ほど紹介したパルクレールジェルはもちろん、普段顔に使っている化粧水と乳液で背中を保湿する方法も効果的です。
肌に合うことが確認できている分、安心して使えます。

背中のスキンケアは、スプレーボトルに詰め替えて噴射する他、ユースキン製薬株式会社から発売された「セヌール」という商品の使用もおすすめです。
スプレータイプで逆さにしても噴射できるニキビケア用品もあります。

>>背中ニキビにおすすめの商品が知りたい方はコチラ!

身だしなみについて

髪や衣類が、気づかないうちに背中を刺激している場合があります。小さなことから改めていきましょう。

①背中にかかる髪をまとめる


髪は一日中露出しているため、細菌や汚れが付着します。
シャンプーやトリートメントも残っているかも…。

髪から毛穴に異物が入ってニキビへと発展することは多いのです。
背中が開いた服を着る時は注意しましょう。

背中にかかるくらい髪の毛が長い方は、束ねて触れる面積を小さくします。
アップスタイルで背中に触れないようにするのが理想的です。

②背中に触れる衣類


肌に触れる衣類の着心地に違和感がある場合は、刺激を受けているサインです。
着方を見直す必要があります。

肌着に違和感があれば、綿やオーガニックコットン、シルクといった低刺激な素材でできたものに変えましょう。
チクチクした刺激やごわつきを感じる服は、背中に直に触れないように着ます。

外出時の汗への対策

スポーツを楽しむなど大量に汗をかくことが予想される外出時には、着替えとタオルを持参しましょう。
汗がしみた衣類は雑菌を繁殖しやすいのです。

肌に直接触れる衣類に汗を吸わせて着続けると、菌が毛穴へ侵入します。
吸汗性の良く、速乾素材の下着や肌着を身に着け、背中に触れる分だけでも替えるべきです。
シャワーで汗を流せれば衛生的で尚良いですね。

紫外線対策


強い紫外線を浴びると、赤い日焼けを起こして肌が乾燥します。
紫外線には活性酸素を増やす作用もあり、黒ニキビ(毛穴の皮脂が酸化して黒くなったニキビ)をつくるのです。

背中の開いた服を着る時は、上着や日傘などを使って背中が影に隠れるよう工夫しましょう。
日焼け止めを併せると効果的です。
背中に日焼け止めを塗るときは、日焼け止めスプレーを使えば楽に塗れます。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが崩れると「アンドロゲン」というホルモンの分泌量が多くなります。
アンドロゲンが多くなると皮脂の分泌が多くなり、角質細胞を過剰に増やしてしまうことも…。
アンドロゲンを増やさないためには、自律神経のバランスを整えなければなりません。

自律神経って?

人体には、体が興奮しているときに働く「交感神経」と、体がゆったりしているときに働く「副交感神経」があります。両者の総称が「自律神経」です。
両者はシーソーのような関係。どちらかが活発化するとどちらかが休みます。自律神経がバランスよく機能することで、体の機能が正常に働くのです。

通常、交感神経は日が昇っているうちに、副交感神経は日没後に活発化します。
どちらかが本来の活動時間から外れた時間に活発化してバランスが崩れると、体に様々な不調が起こるのです。
自律神経の働きはホルモンバランスにも関与します。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めると交感神経が優位になる時間が長くなり、自律神経のバランスが崩れます。
ストレスの対処には、休息・リラックス・楽しみが必要です。
休憩時間にカモミールティーなどリラックス作用のあるお茶を飲んだり、休日に体の緊張をほぐすマッサージを受けに行くなど、癒し効果があるものを試してみてはいかがでしょうか。
1日1回は心から笑える出来事を見つけられるといいですね。

規則正しい生活

食事と睡眠の時間決めると、自律神経が働きのリズムをつくりやすくなります。
三食(朝食・昼食・夕食)をしっかり食べて、日付が変わらないうちに眠ることが大切です。
毎日ぴったり同じ時間に行動することは難しいかも知れませんが、だいたいの時間を揃えましょう。

食べ物も健康的なものを摂取しましょう。
詳しくは「食生活を変えて治す!背中ニキビを改善する食べ物ガイド」で詳しく紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

便秘対策

体内に便が溜まると毒素が発生します。
発生した毒素は血流に乗って毛穴から抜けようとするため、毛穴が炎症を起こすのです。

便秘の解消・予防には食物繊維の摂取が効果的。
食物繊維は2種類ありますが、便秘対策が目的なら「不溶性食物繊維」を多く含む食品を選びましょう。

不溶性食物繊維

ごぼうなど繊維の多い野菜に含まれる「セルロース」や、カニの殻に含まれる「キチン」が不溶性食物繊維です。
飲み込んだときの形をほぼ変えずに腸まで到達します。

腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激してぜん動運動(排泄のため内容物を移動させる腸の運動)を盛んにするのです。
腸内の水分が不足すると効果が発揮できなくなるので、水分も多めに摂りましょう。

寝汗対策

人は睡眠中にコップ1杯程度の汗をかくそうです。汗よごれをきれいにして清潔を保ちます。
起床したら軽くシャワーを浴びて背中の汗を流し、衣服を改めましょう。

1日1回は寝具のシーツやカバー、バスタオルも替えて菌の繁殖を防ぎます。
大変ですが習慣化するのです。

背中ニキビ対策をするなら顔と同じようにスキンケアを!

顔も身体も、ニキビ予防は、日常生活を少し改善することで実現します。
特に、乾燥に気を付けることでニキビの予防に役立ちます。
身の回りの清潔に配慮したり、食事に気を付けたり、ストレスに対処したりと、心身の健康に繋がる要素も含まれていました。

今まで洗うだけだった背中も、しっかり保湿をすればニキビができにくい肌になります。
いつも使っている化粧品や背中ニキビにおすすめの化粧品を使って、繰り返すニキビを断ち切りましょう!

NonAの公式を見てみる

胸・背中ニキビに悩む人に…おすすめ関連記事
ケア商品はどれがいい?繰り返す胸・背中ニキビの治し方
食生活やシャンプーの洗い残しなど、気をつけているのに一向に改善しない胸や背中のニキビ。一番おすすめのケア商品を比較して紹介!
PAGE TOP ↑