保湿をさぼっていませんか?背中ニキビの原因は「乾燥」だった!

Plant in dried cracked mud

背中がドライスキンであるのに、ニキビができるという人がいます。
乾燥しているのに、なぜ皮脂トラブルのニキビができるのか不思議に思う人もいるでしょう。

実は、乾燥こそが背中ニキビの大きな原因なのです。
背中の肌が乾燥からニキビを作る仕組みと、3つの対処法をご紹介します。

 
関連記事:
乾燥による背中ニキビに効く!おすすめ商品比較

背中は乾燥しやすいって知ってた?

乾燥から背中ニキビにつながる仕組みを解説します。顔や手足と違い、背中の肌を毎日チェックしているという人は少ないです。
しかし、背中はもともと角質が厚いため、乾燥からニキビを招きやすい肌の構造となっています。

背中ニキビと乾燥の仕組み

水分と皮脂の量のバランスがいい状態の肌は、健康で傷みにくい肌と言えます。
乾燥している状態の肌は、肌のバリア機能が弱まっているか、失われている状態です。

バリア機能が低下すると、肌の機能として代わりに皮脂を分泌し、バリアを補おうとします。
さらに乾燥によって角質層の水分が少ないために角質が硬くなり、毛穴も細くなります。
毛穴が細くなってしまうと、皮脂の量が少なくても詰まりやすくなり、ニキビができてしまうのです。

天然の保湿成分が失われる

正常な肌は適度な皮脂によって肌をカバーすることで、肌を保護しているのです。
肌の水分を抱え込む天然保湿成分、「NMF(Natural Moisturizing Factor)」は、セラミドなどの皮脂に支えられ、潤いを保っています。

乾燥によって水分が減りNMFがなくなると、セラミドも機能しなくなり、肌の水分がどんどん失われます。

このようにして、肌の水分不足は皮脂の減少から過剰分泌まで、すべてにつながってしまいます。

本当は乾燥肌かもしれない脂性肌

脂性肌だと思っていた人の中にも、実は肌はとても乾燥している場合があります。
脂性肌用のケアをしていても皮脂分泌を多く感じる場合は、保湿ケアも取り入れる必要があります。

乾燥して水分が失われた分だけ肌は皮脂を分泌し続けるため、背中ニキビは肌質にかかわらずできるのです。

背中を乾燥させる習慣をチェック!

ちょっとした習慣が背中の乾燥を悪化させているのです。
良かれと思ってしていたことが、実は背中ニキビを作る原因であることも!

・乾燥対策に油分の多いクリーム
・背中をゴシゴシ擦って洗っている
・化学繊維の肌着ばかり

日常を振り返って、当てはまってしまう習慣は見直して、紹介する正しい対策をしましょう。

乾燥による背中ニキビの対処法3つ

肌を守っている角質層は、刺激や乾燥から守ってくれるバリアです。
角質層を育てるためには、水分を与え、皮脂膜を作る必要があります。

乾燥した背中にできるニキビケアは、肌のバリア機能を取り戻すスキンケアが大切です。
スキンケア方法次第で、にきび薬を使用しなくても改善に向かうことができる場合もあります。

1.背中もたっぷりの水分補給から

ボディも顔と同じように、化粧水、乳液などで丁寧に保湿しましょう。

しっかりと保湿をすることで本来あるべきバランスで皮脂バリアができ、皮脂分泌も正常になります。

お風呂上がりには、ノンオイルローションで肌の水分補給をします。
クリームなどの油分の多いものは毛穴を塞いでしまうと、ニキビが出来やすくなってしまいます。最初に付けるものはローションで、スキンケアを始めましょう。

肌をやわらかく保つ保湿ケア

乾燥によって硬くなった角質層には水分のあと、セラミドなどの肌の成分に近いものでフタをしましょう。
スキンケアで肌本来の機能を補うことで、肌をやわらかく保ち、ターンオーバーを整えます。

ターンオーバーは肌の生まれ変わりを促すもので、ニキビを作る古い角質や角栓を落とし、新しい肌細胞を作ります。
それを約28日の周期で行うことで、健康な肌状態に導いていきます。

保湿アイテムの選び方

背中の肌を保湿するものは、油分の入っていないものが理想的です。

肌の水分を保ちハリをもたらすことでニキビで傷ついた肌の回復をうながす、コラーゲンやヒアルロン酸
そして、ニキビの炎症そのものをしずめる抗炎症成分も不可欠です。

保湿ローションや市販薬はドラッグストアでも入手できますが、やはり体ニキビ専用の商品がおすすめ。

 

薬用背中ニキビケアジェル ジュエルレイン 5,980円 
  juelrain9

肌のうるおいに不可欠なヒアルロン酸を、さらに浸透しやすくした高分子ヒアルロン酸配合。

そのほか、コラーゲンやセラミドという、美容液クラスの保湿成分も。

ニキビ対策として、甘草という植物から抽出された抗炎症作用のある成分も入っているから、保湿とニキビ対策が同時に行えるジェルです。

オイルフリーだから、べたつきが一切なく肌が水分を飲み込むように浸透していきます。

 

公式HPでのお申込みはこちらから

関連記事:
背中ニキビ跡におすすめの保湿ケア商品ランキング

 

2.お風呂で保湿ケア

肌が傷みやすくなっていますので、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

この時にゴシゴシと強く摩擦してしまうと、角質層を傷つけ、乾燥の原因となります。
ホイップした泡を自然素材のボディタオルに付けて優しく洗うのがポイントです。

入浴剤もりっぱなスキンケア

湯船に浸かること自体、血流を改善し肌の新陳代謝を高めるケアになります。

お風呂のなかで積極的な背中ケアをするなら、入浴剤の使用もオススメです。
全身浸かれることで、入浴剤の保湿成分を、背中の角質層にくまなく侵透させることが出来ます。
肌にやさしい温泉や天然成分のものを選んで、ぜひ試してみてください。

3.肌に触れるものは素材選びから

肌に直接当たる下着や衣類は、ナイロンなどの化学繊維は乾燥を促しますので避けましょう。

肌に直接触れるものは、素材に気を付けて、皮膚に優しく、着心地の良いものを選ぶようにしましょう。
天然素材のシルクやコットン100%のものなら、刺激も少なく、肌ケアもできます。
キャミソールやインナーにとりいれましょう。

汗も乾燥の原因に

バリア機能が低下している肌には、汗も肌トラブルの原因になってしまいます。
汗や皮脂は肌に溜まると毛穴で酸化し、雑菌の繁殖場所となります。

汗は放置せず、清潔なタオルでふき取るか、肌着を着替えるようにしましょう。

背中の肌状態を知ってスキンケアしよう!

背中の肌は意外とデリケートで、乾燥しやすいものです。
毎日のケアで健康な肌状態に導くことは、肌本来の力でのニキビ改善につながります。

乾燥は肌の大敵。
肌に合った保湿アイテムで、ニキビが出来ても慌てず丁寧なスキンケアを心がけましょう!

胸・背中ニキビに悩む人に…おすすめ関連記事
ケア商品はどれがいい?繰り返す胸・背中ニキビの治し方
食生活やシャンプーの洗い残しなど、気をつけているのに一向に改善しない胸や背中のニキビ。一番おすすめのケア商品を比較して紹介!
PAGE TOP ↑